病院概要

地域リハビリテーション拠点事業

船橋市地域リハビリテーション拠点事業とは?

当院と同様に、当法人が船橋市より指定管理を承る、船橋市リハビリセンターが行なっている事業で、船橋市地域リハビリテーション拠点事業というものがございます。

そこでは、市民の皆さま、医療や介護・福祉・生活に関わる、団体・組織、行政の協力のもと、船橋市民の皆さまが住みなれた地域で生き生きとした生活が続けられるようリハビリテーションの立場から支援しています。当院でも多くの関わりを持ち、地域の皆さまと一緒に活動をしています。

船橋市地域リハビリテーション拠点事業

行政、市医師会、歯科医師会、市内各病院との連携

当院の運営管理状況については、条例により、管理の実績の評価等を行う為、船橋市医師会・船橋歯科医師会・船橋薬剤師会・千葉県理学療法士会からの推薦者、病院管理に関する識見を有する者、病院経営識者、公募市民の皆さまによって構成される運営委員会へ、毎年、事業報告をしています。

そこには、年間のリハビリテーション医療の実績や改善度合い、患者さまからの声を報告し、運営委員会の皆さまより評価をしていただきます。

船橋市地域リハビリテーション拠点事業への参画

同法人の船橋市リハビリセンターが指定管理を受けている、船橋市地域リハビリテーション拠点事業へスタッフを派遣し、様々な活動の企画運営に参加をしています。

研究大会

年2回開催。地域リハビリテーションを実践する講師を招いての講演会や、研究発表、シンポジウム、特別講演等で構成する大会を行なっています。

地区勉強会

市域を3ブロック(北部・中東部・南西部)に分けて年1回ずつ実施。各地域に所属する医療機関・介護保険事業所や船橋市介護支援専門員協議会に準備委員として協力いただき、地域特性に合わせたテーマで勉強会を開催しています。

介護職員向け勉強会

船橋市立リハビリテーション病院スタッフの協力の下、「移乗」、「摂食嚥下」、「高次脳機能障害」、「体操」、などをテーマに年10回程度開催しています。船橋市立リハビリテーション病院、船橋市リハビリセンターを会場としていましたが、2016年からは、船橋市老人福祉施設協議会にも協力いただき、会場として使用させていただいています。

摂食栄養サポート勉強会

船橋歯科医師会、船橋市栄養士会、船橋市介護支援専門員協議会、船橋市立リハビリテーション病院言語聴覚士に協力いただき、食べること・栄養に関することに特化した勉強会を年2回開催しています。

市民公開講座

リハビリテーションを市民の皆さんに広く知っていただくため、著名な講師を招いて講演会を開催しています。

船橋市地域リハビリテーション拠点事業

地域ケア会議等へのスタッフ派遣

地域の職種が参加して開催される「地域ケア会議」には5つの機能があります。①個別課題解決機能 ②ネットワーク構築機能 ③地域課題発見機能 ④地域づくり・資源開発機能 ⑤政策形成機能。それぞれの機能が交互に関係しあいながら個別課題の解決を強化していきます。

船橋市では、「全体地域会議」と「個別地域ケア会議」から構成されています。定期的に開催される夏見地区の「全体地域会議」にはソーシャルワーカーが出席し、随時開催される「個別地域ケア会議」には、依頼に応じてスタッフが参加をしています。

また、船橋市からの要請を受け、ご高齢の方が住み慣れた地域で自ら望む暮らしを続けることを支援する「船橋市自立支援型介護予防ケアマネジメント事業」へのセラピスト派遣も行っております。

地区活動

夏見地区社会福祉協議会 夏見地区福祉まつりへの協力

「老いも子も笑顔で暮らせる街づくり」をテーマに開催される福祉まつりで、地域の中学生たちと一緒に、車いす乗車体験のサポートをしています。

RUN伴ふなばし

認知症啓発イベントである「RUN伴ふなばし」への参加を通して、認知症とともに生きる方々への支援とその地域づくりに取り組んでいます。

オープンホスピタル

近隣地域の民生委員、地区社会福祉協議会、自治会等の方々をお招きし、回復期リハビリテーション病棟の役割や当院の特徴について理解いただく機会を設けています。

医療・介護連携

施設間交流会

毎年、地域の関係機関の方々をお招きして、相互理解を深めることを目的に、交流会を開催しております。当院の紹介やリハビリテーションの普及啓発、顔の見える関係づくりを目指しております。

交流実績
2015年度:ふなばし市訪問看護連絡協議会
2016年度:ふなばし市訪問看護連絡協議会、船橋市介護支援専門員協議会
2017年度・2018年度:船橋市デイサービス連絡会

医療機関との連携

回復期リハビリテーションを提供している当院は、患者さまの生活の再構築を支援するにあたり、地域の病院との医療連携が不可欠です。船橋市立医療センターとは、3ヵ月1回、連携会議を設け、患者さまの円滑な受け入れについて話し合いを重ねているほか、年2回の合同症例検討会を通じて、お互いの役割の理解を深めております。

また、その他の医療機関の多職種の方をお招きした病院見学会を開催し、回復期リハビリテーション病棟の役割や当院の特徴について理解いただく機会を設けております。

専門職・事業団体等への参加

船橋市医師会、船橋市回復期リハビリテーション病棟連絡会、船橋市訪問リハビリテーション連絡会、船橋市通所リハビリテーション連絡会、千葉県理学療法士会、千葉県作業療法士会、千葉県言語聴覚士会、千葉県医療ソーシャルワーカー協会、船橋市ソーシャルワーカー連絡協議会等に所属して、地域包括ケアの推進や職能向上のために活動を行っております。