入院のご案内 外来・訪問のご案内 サービス体制 病院概要 フロアのご案内
HOME病院概要 > 理事長・院長の挨拶

病院概要

理事長・院長の挨拶

■理事長の挨拶

 医療法人社団輝生会は、地域におけるリハビリテーション医療の推進を目的に、回復期および在宅生活期におけるリハビリテーション医療を提供するために設立されました。法人の基本理念はリハビリテーションの理念に基づいておりますが、輝生会の名称には障害を持たれた方々が再び輝いて生き生きとした人生を送ることができるようにという願いが込められております。2002年に東京都渋谷区に初台リハビリテーション病院を開設し、脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、廃用症候群等の回復期のリハビリテーション医療のほか外来通院や通所・訪問による生活期のリハビリテーション医療の提供も行ってまいりました。 船橋市立リハビリテーション病院は2008年に千葉県船橋市が公設民営で運営するリハビリテーション専門病院として開設されました。初台リハビリテーション病院で培われた経験と実績を生かして、船橋市の地域におけるリハビリテーション医療の中核施設として機能できるように、急性期病院から早期に患者さまを受け入れ、住み慣れた地域や自宅で輝いて生活していただくために、質の高いリハビリテーション医療サービスを提供することを目指してまいります。

医療法人社団 輝生会
理事長 水間 正澄
Mizuma Masazumi

■院長の挨拶

団塊の世代が75歳以上になる2025年(平成37年)に向けて、効果的・効率的で質の高い医療提供体制の構築が図れるよう、国や地方自治体において、様々な施策が講じられつつあります。まさに、このような変革の時期の中で、地域においては、地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化と連携強化の更なる構築が求められています。
船橋市立リハビリテーション病院は、平成20年4月開院以来、急性期病院、かかりつけ医、ケアマネジャー、入所・入院施設等関係機関の方々のご協力の下に連携を図りながら、入院から在宅まで一貫したリハビリテーションを実施できる地域リハビリテーションの中核施設としてその体制整備を図っております。
輝生会の法人理念を踏まえ、住み慣れた地域でご利用者の方々が心から自立した日常生活がお過ごしになれるよう、職員一同その支援に努めて参ります。

船橋市立リハビリテーション病院
院長 関山 昌人
Sekiyama Masahito

ページTOPへ戻る